消防士試験予備校・専門学校おすすめ

消防士予備校・専門学校比較

スポンサードリンク

消防士・消防官予備校は通学教室・通信講座?

「今年、絶対に消防士になるぞ!」と決めた方は独学・通学・通信の3つの試験対策の中から自分に合った手法を選ぶ必要があります。

 

消防士試験対策での独学・通学教室・通信講座の3つの特徴を紹介していきます。

 

消防士試験は独学で合格は難しい?予備校・専門学校は必須?

 

まずは独学についてですね。消防士試験は高卒・大卒共に公務員試験全体で見れば難易度は低いです。勉強テクニックを持っている方であれば独学で合格は十分可能と言えます。

 

ただ、簡単に合格できるというモノではありません。確かに難易度はそれほど高くないので、受験資格さえ満たせば誰でも就職のチャンスがある職業です。

 

しかし、近年消防官は高校生・大学生・社会人からの転職組に非常に人気がありますので、倍率は高くなってきています。政令都市の消防士試験で見れば倍率が10~20倍の自治体も珍しくありません。

 

さらに昔と比較して消防試験対策で予備校に通う方が増え、徐々に独学で目指す人が少なくなってきています。そのため独学で合格を目指すのは効率的とは言えません。

 

予備校や専門学校では膨大の試験範囲の中で過去の試験問題などを分析しているため、要点を絞った学習スタイルで合格を目指せるメリットがあります。

 

一発合格を狙うのであれば、予備校・専門学校に通うか通信で受講する方が得策と言えるのではないでしょうか。

 

消防士試験対策通学教室VS通信講座

 

最短距離で合格を目指すとなると通学教室と通信講座に頼ることになる受験生は多いはずです。

 

そこで消防士の通信講座と通学教室を比較してみました。

 

受講タイプ 通学教室 通信講座

費用対効果

サポート体制

利便性・学習効率

モチベーション維持

 

現在のところ通学教室を利用する方が多い傾向がありますが、今後はWEBの進化から自宅で講義聴けるタイプの講座を設置している予備校が増えていることから、通信制にメリットが大きくなることが予想されます。

 

また、通信制より通学教室を選ぶ人の意見として「サポート体制に不安」という声が多いです。確かに通学教室であれば直接指導を受けることができるので安心感はありますが、通信でもメール・FAXなどで質問できる制度を設けている学校がほとんどですので、それほどサポート体制に不満を持つケースは少ないでしょう。

 

公務員試験予備校の比較サイト

 

人事院【公式】

スポンサードリンク
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ